トップ / 富山県砺波市の地形について

富山県砺波市の地形

富山県砺波市の地形について

庄川沿いに位置する富山県砺波市

富山県砺波市の地形は、一級河川の庄川によって形成され、中心部は広大な砺波平野に位置しています。庄川の上流部は、岐阜県の最北部の山岳地帯であり、流れは富山湾に向かって進む性質があります。源流域の地質は硬い岩盤であり、下刻によって深い谷が作られています。富山県砺波市を流れる庄川は、山地を抜けた直後となるために、大量の土砂が堆積して扇状地が形成されました。市内の中心部を庄川が縦断する形となっていますが、かつては氾濫することも多く、治水の努力が長年にわたって行われてきました。現在では護岸の整備が行われ、堤内地と堤外地は完全に分けられていますが、蛇行した砂州は今でも明瞭に残されています。庄川の右岸側も扇状地となっていますが、東側は山地の地形となっているため、高低差も明瞭になっています。市内の東部に位置する天狗山には豊かな自然が残り、レジャースポットとしても親しまれています。天狗山の周囲には、小さな河川が蛇行しながら流れ、複雑な谷を形成しています。天狗山の北側には大きな湖もあり、和田川ダムが設けられています。庄川の左岸側は平坦な状態で、小矢部川から見れば右岸側に位置しています。土地が平坦なために、北陸地方の交通の要衝となる場所でもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 富山県砺波市の人口と魅力. All rights reserved.